オール電化住宅のメリット

オール電化住宅のメリット

オール電化住宅は、毎年増え続けています。2002年頃では、電化戸数がまだ1万戸ほどだったのが、2010年には90万戸にものぼるとニュースになっていました。

 

 

 

従来の住宅ですとお風呂や給湯、キッチンのコンロがプロパンガスや都市ガスでまかなわれていました。暖房もガスファンヒーターが活躍していました。ところが、お風呂も給湯も電気、ガスコンロはIHクッキングヒーター、暖房はエアコンへと徐々に様変わりしようとしています。

 

 

 

このように、すべてを電気でまかなう家をオール電化住宅というようです。オール電化住宅のメリットといえば、ガス管の工事が不要な分、建築コストが抑えられるというメリットがあります。

 

 

 

また、ガス代金を支払う必要がなく電気代1本にできるメリットがあります。ただ、マンションですと電気代と給湯代を別々に支払うシステムの住宅もあるようです。いずれにしてもガスを利用しないことで、お風呂にしてもIHにしてもタイマーを利用できたりするので、利用者にとっては便利であることは間違いないようです。

 

婚活東京といえば。