窓が少ないマンションのリフォーム

窓が少ないマンションのリフォーム

マンションの風通しは、その間取りによって大きな影響を受けるものですが、マンションによっては壁の1面分にしか窓が配置されないようなつくりの部屋になってしまうことも考えられます。

 

そういう部屋の場合、どうしても風通しが悪くなってしまうのです。そして、ひとつの部屋の風遠しが悪くなることで、一室全体にも微妙に風通しの悪さを助長してしまうことになります。

 

そこで、窓が壁のT面にしかない部屋こそ、リフォームによって風通しをしっかりと確保しておきたいもの。

 

 

 

そんなときに役立つリフォームが、「室内窓の取り付け」と「間仕切り開閉壁の設置」です。

 

室内窓や間仕切り開閉壁を設置することによって、他の部屋からその部屋へと風が送りこまれることになりますので、取り付けた窓によって風の通り道を新たに確保できることになります。

 

そうすれば、通気性の悪さに対して大きな改善を見込むことができるはずです。

 

 

 

風通しが良くなることで、冬場の結露防止にも大きく役立つことは言うまでもありません。

 

そうなれば、当然腐食や劣化を食い止め、大幅に遅らせることも可能になるわけです。ですから、室内窓や間仕切り開閉壁をとりつけるリフォームでお金がかかってしまうのは当然ですが、しかし長期的な目でみたときには、そうした早めの対処が最終的に大きなプラスを生むことになるのです。

 

 

 

また、風通しだけでなく、室内窓や間仕切り開閉壁によって採光の効果もあり、部屋全体が明るくなるというのも大きなメリットと言えるはずです。