立替とリフォームどちらを選ぶ

立替とリフォームどちらを選ぶ

たとえば、築20年以上経っている一戸建てがあるとします。住んでいる人は、そろそろ立替しようかと考えるはずです。でも、費用を考えるとリフォームしたほうがいいのかな、ときっと思うことでしょう。

 

高輪 貸し会議室なら

 

ここで、立替とリフォームのどちらがいいか、悩んでしまわれる人が多いようです。リフォームもお風呂、キッチン、各部屋など大々的におこなった場合、なかには1千万円以上もかかってしまう場合もあるようです。それならばいっそのこと立替したほうがと思われる人もいます。

 

 

 

立替とリフォームどちらを選ぶかを決めるポイントとしては、現状の家の様子で決めてもいいのではと思います。たとえば、基礎や構造がしっかりしていれば内装だけにするとか、補強しても地震がきたら揺れそうであれば、新しく立替たほうがいいでしょう。

 

 

 

また家には人それぞれの思いでがあるために、立替をこばむお年寄りもいらっしゃいます。長年住んでいた家を新しくすることに抵抗を感じてしまうようです。このようなご家族がいれば、リフォームにしてもいいかも知れません。住んでいる人の気持ちや家の状態を考慮して何を一番優先するかで決めてもいいのではないでしょうか。