二世帯住宅へのリフォーム

二世帯住宅へのリフォーム

高齢化社会が問題視されている日本では、両親が高齢になったり介護が必要になった際に、住宅のリフォームを考える人が多いようです。

 

 

 

ですが昔のように家族全員で一つの家に住むにはプライバシーの問題や価値観の違いが大きな問題であり、両親との同居になかなか踏み切れないという人も少なくありません。そんな時選択肢の一つとして挙がるのが、二世帯住宅へのリフォームではないでしょうか。

 

 

 

二世帯住宅と一言で言っても様々なタイプがあり、住む人のライフスタイルや考え方の違いによって快適な住まいを作る仕様も変わってくるでしょう。二世帯住宅の種類としては共有スペースを全くつくらずにマンションの隣人のような距離を持つことが出来る完全分離型、多くの部分は分離していながらもリビングなど団欒の場などを共有する一部共有型、寝室などはそれぞれが持ち、残りの部分は全て共有する完全共有型の3種類があります。

 

 

 

個々の生活を尊重出来ることや経済的負担が軽減されるなどがメリットとなり、タイプによっては逆にデメリットとなる場合もあります。実際に住んでみないことには、どのような問題や不満が出てくるのかはわかりづらい部分もありますが、出来るだけリフォームを話合う際に考えられることをお互いに出し合うことで、意見をリフォームに活かすことでよりよい二世帯住宅へのリフォームが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

インターネット上などでも、たくさんの体験談などが出ているので様々な世代や地域の人の意見を参考にしてみるのも良い方法でしょう。