リフォームのトラブルに合わない為に

リフォームのトラブルに合わない為に

年々増加しているリフォームの件数ですが、リフォーム件数の増加と共にトラブルの件数や種類も多くなっていることをご存知ですか?快適でより良い住まい作りの為のリフォームが思わぬトラブルに発展することがないように、見積もりや契約、工事中はもちろんのこと完成後の確認や理解を怠らないようにするのが最大のポイントとなってくるようです。その為に必要不可欠なものとなってくるのが、施工業者とのコミュニケーションではないでしょうか。

 

 

 

コミュニケーションを十分にとることによってわからないことや納得いかないことなどをしっかりと話し合うことができ、業者のモチベーションを上げることが出来るので、ミスなどを未然に防ぐことが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

もし万が一、施工業者との間にリフォームによるトラブルが怒ってしまった場合には、まず不具合などの状況を確認し、業者に連絡、立会いの元確認をした後、契約書などを確認しながら問題解決を図るといった手順が一般的です。

 

 

 

また業者とのトラブルがおおきくなってしまった場合などには、契約自体を無効にすることが出来るクーリングオフ制度や行政が設けている相談窓口を利用することで、解決への糸口を見つけることが出来るなど知っておくだけでもトラブルに対処する為の準備となります。

 

 

 

まずはリフォームを検討する際には、即日契約を結ぶなどはせずに時間をゆっくりとかけて決定すると共に、様々な人の意見を取り入れることをお薦めします。焦りや急ぎというものが一番トラブルに繋がる要因になると言ってよいでしょう。