耐震補強に関するリフォーム

耐震補強に関するリフォーム

一番記憶に新しい大地震と言えば、3.11の東日本大震災ではないでしょうか。日本は地震大国と呼ばれこの他にも過去に多くの大地震が起こっています。

 

 

 

実は震度4以上の地震は気象庁のデータベースによると日本のどこかで3日に一度起きているという計算となるのです。日本のどこにいても常に地震という災害に見舞われる可能性があるのですから、大切な家族が安心して住むことが出来るように、最近では住宅の耐震構造を見直す耐震リフォームをする人が増ええいます。

 

 

 

自然災害は人間の力ではどうすることも出来ず、いつ起こるかなど予測することも難しい為、耐震補強などによって万が一に備えることが必要不可欠なのではないでしょうか。一般的な住宅の耐震補強の場合には、耐震診断をして耐震性に問題がある箇所を重点的に補強するという方法が取られており、地震などの災害の時に建物が東海市内ような補強が施されます。

 

 

 

他の部分のリフォームの際に一緒に見直しているという人が多いようです。また耐震診断や補強については専門的な知識が必要となる為、業者選びを慎重にする必要があり3.11の震災以降には訪問型の耐震診断などの手口を使って安易な耐震補強を勧める悪徳業者なども増えているので注意が必要です。

 

 

 

耐震リフォームをしたのに住宅の価値や強度を下げてしまっては意味のないものとなり、住宅の構造部分である為見た目にはわかりにくいものとなります。業者を探す際などには行政を通じて有資格者を探すなどするとよいでしょう。