してはいけないリフォーム

してはいけないリフォーム

リフォームをして、今の住まいをより快適に作りかえようと言う人が増えています。不況などの影響により新築の家を建てるのが難しくなっているのも一つの理由なのではないでしょうか。

 

 

 

リフォームの場合には、外見、構造、劣化など多くの要因が関係してくるので、素人の判断だけではなかなか決定出来ない部分が多くあるようです。ではリフォームをする際に、これだけはしてはいけないというリフォームを紹介しましょう。リフォームをする際の判断材料になれば良いと思います。まずは、外見だけを綺麗にするリフォームです。

 

 

 

見た目には新しい設備や綺麗な壁紙、床材などにリフォームすることが出来る為、満足のいくものとなるでしょう。ですがその下に隠されている経年劣化や老朽化などをそのままにして上辺だけをリフォームしても住宅の補強などが施されていない為無意味なものとなります。次に挙げられるのが業者の言いなりで進めるリフォームです。

 

 

 

中には悪徳業者が入り込んでいる場合などもあり、高額な請求や住宅を傷つけるリフォームを無理に進められたというケースもあるので注意が必要ですね。建築における知識や理解が少ない為にどうしても専門的な知識を持っている業者に頼りがちになってしまう傾向にあるのですが、わからないことや不安に思うことなどはしっかりと業者に伝え答えをもらうことが大切です。

 

 

 

曖昧に答えるような業者であればリフォームをお願いするに値しないのではないでしょうか。この他にも無理な間取りの変更などによって耐震強度を下げてしまったり、リフォーム費用をケチることによって住宅の品質が落ちてしまう可能性などもあるので、自分たちの考えるリフォームが本当に住宅や住む人にとって必要なのかを考えることが大切なのではないでしょうか。