バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

高齢者の住まいに適していると認識されていることが多い住宅のバリアフリーリフォームですが、本当の意味としては高齢者だけでなく、子供からお年寄りまで全ての人が安全に利用することが出来る設備や構造なのです。

 

 

 

ですがやはり住宅のバリアフリーリフォームを考える際の理由として一番多いのが高齢になった両親との同居の際などが多く、高齢者の為の生活を中心に考えるようになっていますね。住宅の中には、健常者では気づくことの出来ない危険がたくさんあるのをご存知ですか?

 

 

 

お年寄りや体の不自由な人にとっては、わずか3センチほどの段差であっても転倒などの原因となることもあります。この他にも色の識別な困難になる場合などには色彩まで配慮したものなどもあるのです。

 

 

 

またバリアフリーリフォームのもう一つの目的としては、お年寄りや体の不自由な人の介護や介助をする人の負担を少しでも減らすことにあります。お風呂やトイレの介助などに関しては、やはり負担は大きなものであり、高齢化社会と言われる日本では介護される側も介護する側も高齢というケースも少なくなく、老老介護といった問題も深刻なものとなっています。こういったケースにも対応出来るのがバリアフリーリフォームの利点であり、専門家や行政を通すことで介護保険を使ってリフォームの資金を用意することが出来たり、補助金の制度を使うことができたりするので、バリアフリー化をする場合には、これらの制度などを上手く活用することでより快適で安全な住まいを作ることが出来るのではないでしょうか。