太陽光発電システムのメリット・デメリット

太陽光発電システムのメリット・デメリット

エコで経済的な設備として全国的に人気のある太陽光発電システム。リフォームで既に建っている家に新しく設置しようと考えている人もいらっしゃるでしょう。購入を決める前に本当に設置すべきか一度検討してみることをおすすめします。ここではそれに役立つ情報として、太陽光発電システムのメリット・デメリットをご紹介します。

 

太陽光発電システムのメリット

 

 

太陽光発電システムのメリットは発電した電気を売却できること。ソーラーを設置すると、発電した電気を家庭で利用し、光熱費が抑えられるだけでなく、余った分を電力会社に買い取ってもらうことが出来るのです。余剰電力買取制度と呼ばれますが、発電した電力が消費している電力を上回るとその分売却できるというシステムです。その為光熱費が安くなるだけでなく、売電によって収入を得ることも可能。これが太陽光発電システムの大きなメリットでしょう。

 

 

太陽光発電システムのデメリット

 

 

デメリットとしては、設置できないケースがあること。例えば変わった形状をしている屋根や、目の前に建物が建っており、日当たりが十分でない所などがあります。また設置する業者によっては欠陥工事になってしまう可能性があるのも気をつけたい所でしょう。費用も200万円近くかかってしまいます。さらに場合によっては上手く発電できずに、経済的メリットが受けられないようなケースもあります。これら太陽光発電システムのメリット・デメリットをしっかりと比較して決めることが大切です。